不動産取得税とは?

不動産取得税とは?

不動産取得税というのは、
土地や建物等の不動産を取得した人に対して、

 

その取得について1回限りで、
その不動産の所在する都道府県が課す
地方税のことをいいます。

不動産取得税の「取得」とは?

この場合の「取得」というのは、
登記の有無や有償・無償を問わずに、
所有権の取得の事実をいいます。

 

なので、次のようなものも含まれます。

 

■家屋の建築・増改築
■不動産の交換・贈与・寄付
■埋め立て等の土地の造成...など

不動産取得税の「取得」に該当しないのは?

次のような所有権の形式的な移転については、
不動産取得税は非課税となります。

 

■相続による不動産の取得
■法人の合併による不動産名義の変更...など

不動産取得税の課税標準は?

不動産取得税の課税標準は、
市町村の固定資産課税台帳に、

 

固定資産評価額が登録されている場合には、
その価額によります。

 

しかしながら、新築家屋などのように、
登録がされていない場合には、

 

都道府県知事が固定資産評価基準に基づいて
評価した価額によります。

 

なお、一定の住宅と住宅用土地の取得については、
課税標準の特例と税額の減額の措置が設けられています。

 

スポンサーリンク