つみたてくんの利用者は?

「つみたてくん」の廃止について@

「つみたてくん」というのは、
住宅金融公庫が発行する住宅債券を半年ごとに購入していくものです。

 

この「つみたてくん」は、
2005年度以降は新規の募集が停止されましたが、

 

それ以前に積立てをしていた人については
現在も利用することができます。

「つみたてくん」の廃止についてA

また、2007年4月以降は
住宅金融公庫が原則廃止になりましたが、

 

この「つみたてくん」や
郵便局の住宅積立貯金を積み立てている人に対しては、

 

公庫が廃止された現在でも
公庫融資(経過措置融資)が利用できる特例が実施されています。

融資限度額は?

融資限度額は、物
件の所在地や種類、住宅の床面積などによって異なりますし、
次のような年収による制限もあります。

 

■年収800万円以下
・物件価格の80%以内

 

■年収800万円超
・物件価格の50%以内

 

例えば、首都圏の新築マンションですと
1,090万円〜1,740万円と設定されています。

 

これに加えて、
次の人は「つみたてくん」の加算が利用できます。

 

ただし、実際には
積立総額のおおむね3倍までが債券加算の目安で、
下記の金額は上限額になります。

 

■「3年積立コース」の積立てが終了している人で、終了後5年以内
・最高600万円

 

■「5年積立コース」で7回以上積立てが済んでいる人
・最高1,320万円

 

スポンサーリンク

公庫融資を利用するメリットは?

公庫融資はフラット35よりも金利が高いのですが、
申込時点の金利が適用されますので、

 

新築マンションなどを購入したけれど
入居は数か月以上先になるといった場合で、
金利が上昇しているときには非常に有利といえます。

 

フラット35の場合ですと
融資実行時点の金利が適用されますので、
上記のような場合には金利上昇のダメージを受けることになります。

 

ちなみに、フラット35と両方を申込んでおいて、
入居の直前でどちらを利用するのか選択するということもできます。

 

スポンサーリンク