連帯債務者・連帯保証人とは?

連帯債務者とは?

連帯債務者というのは、
住宅ローンを一緒に返済していく人のことです。

 

なので、住宅ローンを借りた本人との関わりは
より強いということができます。

連帯保証人とは?

連帯保証人というのは、ローンの申込みの際に
保証会社を利用しない場合に必要になるものです。

 

連帯保証人は、
万が一借りた人が返済できなくなった場合には、
代わりに一括して弁済を求められることになります。

連帯債務者が問題になるのはどのような場合ですか?

連帯債務者が問題になるのは、
夫婦それぞれが住宅ローン控除を利用する場合です。

 

フラット35では、
一軒の住宅につき1口(1人)しか借りれませんので、

 

夫の名義で借り、
返済は夫婦で行う場合、

 

妻の方を連帯債務者にしておかないと、
妻が住宅ローン控除を利用できなくなってしまうのです。

 

基本的には、
他の住宅ローンでも同様ですが、

 

一人の名義で借りつつ、
他の人も一緒に返済するというような場合には、
連帯債務者の手続きをとる必要がありますので注意が必要です。

 

スポンサーリンク