住宅ローン控除を受けていた人が居住用財産の譲渡所得の特別控除の特例等を受ける場合は?

住宅ローン控除を受けていた人が、
その対象になっている住宅の前に居住用にしていた住宅と土地等を譲渡して、

 

居住用財産の譲渡所得の特別控除の特例等を受ける場合は、
これまで受けてきた住宅ローン控除はどうなるのでしょうか?

解説

新築・購入した住宅や増改築等をした部分を
居住用にした年の翌年または翌々年中に、

 

住宅や増改築等をした住宅※1以外の
一定の資産を譲渡した場合において、

 

その資産の譲渡について
次のいずれかの特例の適用を受けるときは、

 

居住用に使用した年以後10年間※2の
各年分については住宅ローン控除が受けられません。

 

■居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例

 

■居住用財産の譲渡所得の特別控除の特例

 

■相続等により取得した居住用財産の買換えの場合の長期譲渡所得の課税の特例

 

■相続等により取得した居住用財産を交換した場合の長期譲渡所得の課税の特例

 

■特定の居住用財産の買換えと交換の場合の長期譲渡所得の課税の特例

 

■既成市街地等内にある土地等の中高層耐火建物等の建設のための買換えと
 交換の場合の譲渡所得の課税の特例

 

■認定事業用地適正化計画の事業用地の区域内にある土地等の交換等の場合の
 譲渡所得の課税の特例

 

※1…これらの住宅の敷地等を含みます。
※2…平成11年1月1日〜平成13年6月30日までの間に居住用に使用したときは15年間です。

質問のように、一定の資産を譲渡したことで特例の適用を受ける場合は?

その場合、その資産を譲渡した年の
前年分又は前々年分の所得税について
住宅ローン控除を受けているときは、

 

その譲渡した日の属する年分の確定申告期限までに、
その前年分又は前々年分の所得税について

 

修正申告書か期限後申告書を提出して、
その住宅ローン控除の額に相当する税額を納付する必要があります。

 

スポンサーリンク