共有住宅の場合は取得価額はどのように判定するのですか?

共有住宅の場合は、
借入金の額が

 

住宅と敷地の購入価額を超えるかどうかを
どのように判定したらよいのですか?

住宅ローン控除額の計算方法について

住宅ローン控除額というのは、
住宅等の取得等※に係る

 

その年12月31日時点の住宅ローン等の金額の
合計額を基にして計算することになっています。

 

このとき、住宅ローン等の合計額が
住宅等の取得等の額を超える場合には、
住宅等の取得等の額を基にして計算することになります。

 

※住宅の新築・購入(一定の敷地の購入を含みます。)や
 増改築等のことです。

質問の場合の「取得等の対価の額」はどうなりますか?

共有住宅の場合には、
その住宅全体の取得等の対価の額に

 

その人の共有持分割合を乗じて計算した金額が、
その人の取得等の対価の額になります。

 

スポンサーリンク

もしも繰上返済した場合はどうなるのですか?

例えば、契約で
10年以上の割賦償還の方法で返済することになっている借入金を、
その年に繰り上げて返済したとしても、

 

「償還期間が10年以上の割賦償還の方法で返済することになっているもの」
であれば、

 

その年の12月31日時点の
実際の借入金の残高を基にして
住宅ローン控除の適用が受けられます。

 

ただし、繰上返済したことにより、
「償還期間が10年以上の割賦償還の方法で返済することになっているもの」
に該当しなくなったときには、

 

その該当しなくなった年以後は
住宅ローン控除は受けられないことになります。

 

スポンサーリンク