金利(利息)や割賦事務手数料は住宅等の取得価額に含まれますか?

住宅と敷地を割賦で譲り受けたのですが、
譲受代金に利息相当額や割賦事務手数料が含まれています。

 

このような場合、金利や手数料も
住宅等の取得価額に含めてよいのでしょうか?

住宅ローン控除額の計算方法について

住宅ローン控除額というのは、
住宅等の取得等※に係る
その年12月31日時点の住宅ローン等の金額の合計額を
基にして計算することになっています。

 

このとき、住宅ローン等の合計額が
住宅等の取得等の額を超える場合には、
住宅等の取得等の額を基にして計算することになります。

 

※住宅の新築・購入(一定の敷地の購入を含みます。)や
 増改築等のことです。

質問の場合はどうなりますか?

一般的には、
割賦で住宅を譲り受けた場合には、
譲り受け代金の中に

 

割賦期間中の金利や割賦金の回収のための手数料、
貸倒損失の引当てなどの金額が含まれていますが、

 

これらの金額は
住宅等の取得価額には含まれませんので、
除いて計算することになります。

 

スポンサーリンク

共有住宅の一方の共有者だけが自己の借入金で増改築等を行ったら?

共有住宅の一方の共有者だけが、自己の借入金で
増改築等を行った場合はどうなるのかということですよね。

 

その場合は、増改築を行った後に
持分の変更登記をしているかどうかによって、
増改築等の費用の額が変わってきます。

 

■持分の変更登記を行った場合
・持分の変更登記を行った場合は、増改築等の費用の額は、
 負担した増改築費用に変更登記後の持分を乗じた金額になります。

 

■持分の変更登記を行っていない場合
・持分の変更登記を行っていない場合は、自己の持分を超える費用負担は
 もう一方の共有者のために行ったものと考えます。
 よって、増改築の費用は、負担した増改築費用に自己の共有持分を乗じた金額になります。

 

スポンサーリンク