住宅ローンの借換えをした場合、年末残高証明書はどこから交付されるのですか?

住宅ローン等を借換えたり債権譲渡があった場合には、
その年以後の
「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」
は、どこから交付されるのでしょうか?

借換えや債権譲渡があったときの年末残高等証明書の交付先は?

住宅ローン等の借換えや債権譲渡等があった場合に、

 

借換え後の新たな借入金や、債権譲渡後の借入金が
住宅ローン控除の対象になるときは、

 

借換えや債権譲渡があった年以後の年の
「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」
は、

 

借換え後の借入金や債権譲渡後の借入金に係る
債権者から交付されることになります。

もしも年末残高等証明書が間に合わない場合は?

もしも「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」
が間に合わない場合には、どうなるのかということですよね。

 

「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」
は、年末調整に間に合うように、
年末残高の予定額を基にして作成・交付しなければなりません。

 

そうはいっても、
何らかの事情によって年末調整に間に合わないといったことも
十分考えられます。

 

そのような場合は、
確定申告をすることにより
住宅ローン控除を受けることができます。

 

なお、翌年の1月31日までに
「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」
の交付が受けられた場合には、

 

その証明書を給与支払者に提出して
年末調整の再計算を受けることも可能です。

 

スポンサーリンク