再居住した翌年以後はどのようにして住宅ローン控除の再適用を受けたらよいのですか?

再居住した年には、
確定申告をして住宅ローン控除の再適用を受けることができるそうですが、
翌年以後はどのようにしたらよいのでしょうか?

翌年以後の住宅ローン控除の再適用の受け方は?

住宅ローン控除の再適用については、
最初の年分は確定申告をすることで適用が受けられます。

 

また、翌年以後の年分については、
給与所得者の場合でしたら、

 

通常の住宅ローン控除の場合と同じように、
年末調整によって控除を受けることができます。

年末調整で住宅ローン控除の再適用を受ける方法は?

再居住した年の翌年以後の年分について、
年末調整によって控除を受けようとする場合には
次のようにしてください。

 

住宅ローン控除の再適用を受ける
最初の年分の確定申告に添付する
「住宅借入金等特別控除額の計算明細書(再び居住の用に供した方用)」

「4 控除証明書の要否」欄の「要する」
の文字を○で囲むと、

 

税務署から再居住者用の
「年末調整のための住宅借入金等特別控除証明書」

「給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書」
が送付されてきます。

 

それに必要事項を記載して、金融機関等から交付された
「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」
とともに、

 

年末調整を受ける前までに
給与等の支払者に提出してください。

 

※税務署に用意してあります。

 

スポンサーリンク

住宅に再入居して住宅ローン控除の再適用を受ける場合の添付書類は?

住宅に再入居して
住宅ローン控除の再適用を受けようとする場合は、

 

再適用を受ける最初の年分の確定申告書に、
住宅ローン控除を受ける金額に関する記載をするとともに、
次の書類を添付して提出する必要があります。

 

■金融機関から交付を受けた「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」

 

■住民票の写し

 

■「住宅借入金等特別控除額の計算明細書(再び居住の用に供した方用)」※

 

※税務署に用意されています。

 

スポンサーリンク