都市計画税とは?/都市計画制限とは?

都市計画税とは?@

都市計画税というのは、
都市計画事業や土地区画整理事業に要する費用に充てる目的で、

 

都市計画区域として指定されている、
市街化区域内の土地や家屋の所有者に対して、

 

市区町村(都)が課税する
市(区)町村税(都税)のことをいいます。

都市計画税とは?A

なお、
市街化調整区域内の土地と家屋についても、

 

一定の場合に、条例によって
区域を定めて都市計画税を課税することができます。

都市計画税の納税義務者・課税標準等は?

都市計画税の納税義務者と課税標準等については、
固定資産税と同一です。

 

なので、原則として、
固定資産税とあわせて賦課徴収されます。

 

ちなみに、税率は、
100分の0.3を超えることができないことになっています。

都市計画制限とは?

都市計画制限というのは、
都市の健全な発展と秩序ある整備を図るために決定された
都市計画について、

 

その円滑な実現を図るために、
土地等の権利者等に対して課せられる
法的制限の総称のことをいいます。

都市計画制限の種類は?

都市計画制限には、次のような規制があります。

 

■都市計画区域や準都市計画区域内における開発行為等の規制
■市街地開発事業等予定区域内における建築等の規制
■都市計画施設の区域や、市街地開発事業の施行区域内における建築物の建築の規制
■風致地区内における建築物の建築等の規制
■地区計画の区域内における建築物の建築等の規制
■建築基準法等に定められている地域地区内における建築物に係る規制
■都市再開発法等に定められている促進区域内における建築物の建築等の規制...など

 

【スポンサーリンク】