共有名義のポイントは?

共有名義にするとは?

マイホームを取得すると、登記手続きをして
建物と土地の所有権を購入者の名義にしますが、

 

夫婦など2人以上で資金を負担した場合には、
原則として共有名義にします。

登記手続きとは?

登記手続きというのは、他人に対して
建物や土地の所有権を主張するために欠かせない手続きです。

 

例えば、建物や土地を売買したり、建物を新しく建てる場合、
売主と買主の合意によって契約が成立し、
代金の決済が済めば所有権が移るわけですが、

 

このとき、もし売主が
他の人とも契約して代金を受け取っていたらどうでしょうか?

 

この場合は、
先に登記した方に権利が認められることになります。

 

先に代金を支払った方ではないので注意してください。

 

ですから、マイホームを取得したら、
すぐに登記手続きを行う必要があります。

 

登記手続きが完了して初めて
マイホームの手続きが完了するのです。

 

【スポンサーリンク】

共有名義の登記の仕方はどうすればよいのですか?

夫婦共働きで、
それぞれが資金を出してマイホームを取得した場合には、
共有名義にするのが原則です。

 

そして、基本的には、頭金や住宅ローンなど
負担した資金の額に応じて持分割合を決めます。

 

例えば、夫婦で資金を出して
マンションを購入したときの持分割合は次のようになります。

 

■夫の負担割合
・頭金400万円+住宅ローン2,600万円=3,000万円

 

■妻の負担割合
・頭金200万円+住宅ローン800万円=1,000万円

 

■持分割合
・夫3,000万円 : 妻1,000万円=3 : 1

 

ちなみに、夫婦で資金を負担しているのに、
一方だけの名義にしていると

 

贈与とみなされて
贈与税が課税されるおそれもありますので注意が必要です。

フラット35の場合はどうするのですか?

夫婦それぞれで住宅ローンを組んで、
返済もそれぞれで行うのであれば
上記のように持分割合を計算すればよいのですが、

 

フラット35の場合は
一軒につき一口(一人)しか借りることができませんので問題になります。

 

この場合は、年収の割合でローンを分けて計算します。

 

例えば、フラット35で住宅ローンを
2,000万円借りて夫婦で返済している場合、

 

夫の年収が700万円、妻の年収が400万円であれば、
それぞれの負担分は夫700万円:妻400万円ということになります。

 

【スポンサーリンク】