収入証明書とは?

サラリーマンの収入証明書とは?@

収入証明書というのは、
契約者の支払能力を客観的に表すもので、

 

これによって
前年にいくら所得があったのかを知ることができます。

サラリーマンの収入証明書とは?A

住宅ローンを組む際に
金融機関に提出する公式の収入証明書というのは、

 

勤務先や市役所(区役所・町村役場)で発行される
「住民税納税証明書」「住民税納税通知書」
になります。

 

サラリーマンの場合ですと、
前年に支払われた給与の総額を知る手近な資料としては、

 

税金の年末調整のときに会社から受取る
「源泉徴収票」がありますが、

 

これは公的な収入証明書ではありませんので
注意が必要です。

 

とはいえ、金融機関によっては
源泉徴収票だけを提出すればよいところもありますので、
確認するようにしてください。

自営業者の収入証明書とは?

次の人は毎年2月中旬から3月中旬に
確定申告をする必要があります。

 

■自営業者など給与以外の所得のみの人
■給与所得と給与所得以外の所得のある人
■給与の額が2,000万円を超える人

 

そして、金融機関に報告する収入というのは、
このときに計算される所得総額になります。

 

ちなみに、住宅ローンを組む際に必要になる収入証明書には
次のようなものがあります。

 

■市役所(区役所・町村役場)が発行する住民税課税証明書
■市役所(区役所・町村役場)が発行する住民税納税証明書
■税務署が発行する納税証明書(所得金額用および納税額用)

 

【スポンサーリンク】

連帯債務者を立てるときには別に必要ですか?

親子リレー返済や収入合算を利用する場合には、
契約者本人とは別に、
連帯債務者(親や妻)を立てることになりますが、

 

この申込に際して提出する収入証明書は
連帯債務者の分も必要になります。

 

ここで、納税に関する証明書というのは、
納税の対象になる額以上の収入がないと発行されませんので、

 

特にパートやアルバイトのように
収入の少ない人は注意が必要です。

フラット35と民間ローンとの違いは?

収入が常に安定しているとはいえない
自営業者の場合は、

 

フラット35の審査では
前年と前々年の収入証明書を提出すれば良いのですが、
民間ローンの審査では少々厳しくなっているようです。

 

具体的には、民間ローンの審査では
3年前までの確定申告書のコピーが必要なケースもあるようです。

 

【スポンサーリンク】