割賦償還金を繰上返済したら住宅ローン控除は受けられなくなるのですか?

数年分の割賦償還金を繰上返済したため、
償還期間が短くなりました。

 

この場合、これまでと同じように
住宅ローン控除を受けられるのでしょうか?

住宅ローン控除の対象になる住宅ローン等の要件について

住宅ローン控除の対象になる住宅ローン等は、
契約で償還期間が10年以上の割賦償還の方法で
返済することになっている借入金や、

 

賦払期間が10年以上の割賦払の方法で
支払うことになっている債務であることが要件になっています。

繰上返済した場合はどうなるのですか?

契約で10年以上の割賦償還の方法で
返済することになっている借入金を、

 

その年に繰り上げて返済したとしても、
「償還期間が10年以上の割賦償還の方法で返済することになっているもの」
であれば、

 

その年の12月31日時点の
実際の借入金の残高を基にして
住宅ローン控除の適用が受けられます。

 

しかしながら、繰上返済したことにより、
「償還期間が10年以上の割賦償還の方法で返済することになっているもの」
に該当しなくなったときには、

 

その該当しなくなった年以後は
住宅ローン控除は受けられないことになります。

 

【スポンサーリンク】

質問の場合はどうなりますか?

ご質問の場合は、
繰上返済したことによって
償還期間が短くなったとのことですが、

 

当初の契約で定められていた最初に償還した月から、
その短くなった償還期間の最終の償還月までの期間が

 

10年以上であるならば、
本年以後も住宅ローン控除を受けることができます。

 

しかしながら、これが10年未満となる場合には、
本年以後の住宅ローン控除は受けられないということになります。

 

【スポンサーリンク】