建築士に支払った設計料は住宅ローン控除の対象に含めてよいのでしょうか?

住宅を新築したのですが、
設計だけは別の建築士に依頼しました。

 

設計料は住宅本体の建築工事代金とともに、
金融機関からの借入金で支払ったのですが、

 

この設計料についての借入金は、
住宅ローン控除の対象になるのでしょうか?

建築の請負業者以外の業者に支払った設計料の取り扱いは?

建築の請負業者以外の建築士に支払った
設計料についての借入金は、

 

住宅ローン控除の対象になる住宅ローンに含めて構いません。

なぜ、設計料は新築工事の請負代金に含まれるのですか?

「建築工事」は建設業法で、
建物の「設計」は建築士法で定められているのですが、

 

建設業法上「設計」は
「工事」には該当しないと解釈されています。

 

なので、住宅の建築業者以外の建築士に支払う設計料は
「新築の工事の請負代金の額」には含まれないことになるのですが、

 

次の理由により、
「新築の工事の請負代金の額」
に含まれるものとして取り扱うことになっています。

 

■事後的に必要になる登記費用などとは違い、設計料は住宅を新築するために
 直接必要なものであること、また、建物の本体価格を構成するものであること

 

■建築業法と建築士法は、その業者の資質の向上等を目的とするものなので、
 業務範囲は明確にする必要があるのですが、住宅を取得する人にとっては、
 設計から施工までが住宅の建築であり、「工事」と「設計」を厳格に区分する必要がないこと

 

ちなみに、住宅の取得価額に含まれる設計料は、
建築した住宅についてのものだけです。

 

【スポンサーリンク】