再居住したので住宅ローン控除の再適用を受けたいのですが…

再居住したので
住宅ローン控除の再適用を受けたいのですが、
どのような手続きをしたらよいのでしょうか?

解説

住宅に再入居して
住宅ローン控除の再適用を受けようとする場合は、

 

再適用を受ける最初の年分の確定申告書に、
住宅ローン控除を受ける金額に関する記載をするとともに、
以下の書類を添付して提出してください。

 

■「住宅借入金等特別控除額の計算明細書(再び居住の用に供した方用)」※

 

■住民票の写し

 

■金融機関から交付を受けた「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」

 

※税務署に用意されています。

再居住した年に住宅を賃貸用に使用していた場合はどうなりますか?

その場合には、
住宅ローン控除の再適用は再居住した年は認められず、
再居住した年の翌年から認められることになっています。

 

よって、
再居住した年の翌年分について
確定申告をすることになります。

住宅ローン控除の再適用が認められるための条件とは?

住宅ローン控除の再適用が認められるためには、
住宅を居住用に使用しなくなる日までに、

 

「転任の命令等により居住しないこととなる旨の届出書」※

住宅の所在地の所轄税務署長に提出する必要があります。

 

※「転任の命令等により居住しないこととなる旨の届出書」については、
 税務署に用意されていますのでそれを使います。

 

【スポンサーリンク】