住宅に再入居した直後に借入金でリフォームをした場合、住宅ローン控除の再適用は受けられますか?

マイホームに再入居した直後に借入金でリフォームをしたのですが、
このリフォームした部分についても住宅ローン控除の再適用は
受けることができるのでしょうか?

住宅ローン控除の再適用はどのような場合に適用されますか?

住宅ローン控除の再適用というのは、
住宅ローン控除の適用を受けていた人が、

 

その適用を受けていた住宅に
再居住した場合に適用されるものです。

質問の場合は?

上記のように、
住宅ローン控除の再適用が受けられるのは、
すでに住宅ローン控除の適用を受けていた住宅に限定されます。

 

なので、再居住の直後に行った増改築等は、
再適用の対象にはなりません。

 

よって、他の要件を満たしているのであれば、
増改築等として新たに住宅ローン控除の適用を受けることになります。

勤務命令で転勤となった場合の住宅ローン控除の再適用の要件とは?

住宅ローン控除の再適用は、
平成15年4月1日以後に、
住宅を居住用として使用できなくなった場合に適用することとされています。

 

しかしながら、同日以後に
勤務先からの転勤命令があったことまでは要件とされてはいません。

 

また、転勤命令等があった日から
居住用として使用しなくなる日までの期間についての規定もありません。

 

とはいえ、住宅ローン控除の再適用というのは、
勤務先からの転勤命令に伴う転居その他これに準ずるやむを得ない事情によって、
住宅を居住用として使用できなくなり

 

住宅ローン控除の適用が受けられなくなった場合に
認められる救済措置ですから、

 

転勤命令と転居との間に
関連性がなければならないということもいえます。

 

【スポンサーリンク】